コペン 売るタイミング

【コペンを高く売るコツ!】買取相場、知らなきゃ損!

売るタイミングの見極め

売るタイミングによっては、査定額が10万円、20万円の差が付くことだってあります。なので、売るタイミングの見極めがとても重要になってきます。
ここでは、売るタイミングの見極め方をご紹介します。

 

車種にかかわらず言えるのが、「年式」と「モデルチェンジ」のタイミングで大きく査定額が変わります。
年式については、イメージしやすいと思います。当たり前ですが、年式の新しい車は高く売れ、年式の古い車は安く売れてしまいます。

 

つぎにモデルチェンジです。モデルチェンジには大きく分けて、2つあります。ひとつは「フルモデルチェンジ」もうひとつは「マイナーチェンジ」です。
フルモデルチェンジは、国産車の場合は4年のサイクル。外国車の場合は8年のサイクルと言われています。
ただし、ここ最近ではこのサイクルに関係なくフルモデルチェンジをする場合もありますので、確認することをお勧めします。
つぎに、マイナーチェンジです。マイナーチェンジの場合国産車は2年。外国車は4年のサイクルで行われると言われています。

 

では、フルモデルチェンジとマイナーチェンジはどのように違うのでしょうか。
フルモデルチェンジの場合、外観のデザインからエンジンなどまですべてを変更します。
マイナーチェンジの場合は、外観はそのままで、一部エンジンなどが改良されます。

 

査定価格に影響するのは、外観のデザイン等が大きく変わるフルモデルチェンジの時です。
フルモデルチェンジの時期、発売時期が発表されたタイミングで、現行モデルの価格は大きく下がります。これだけで、査定額の下落が止まるかと思いきや、そうではありません。
さらにそこから、下落するタイミングがあと2段階あります。1段階目は、新しいモデルの予約が開始されたタイミングです。そしてもう2段階目は、新しいモデルがその購入者に手渡されたタイミングです。
とくに2段階目のタイミングは、中古車購入を検討している方に新型車の存在を認知させること、新型車への乗り換えによって、中古車の数が多くなるため、もっとも大きな下落となります。


ホーム RSS購読 サイトマップ