コペン 燃費

【コペンを高く売るコツ!】買取相場、知らなきゃ損!

車の燃費

よく耳にする燃費という言葉。車の燃費とは、1リットルのガソリンでどのくらいの距離を走ることが出来るのか」というのを数値化したものです。単位は、km/Lになります。

 

一般的な普通の乗用車やミニバンの場合は、だいたい7〜10km/Lくらいです。燃費のいい車や軽自動車の場合は10〜15km/Lくらいになります。
低燃費を売りにしているハイブリットカーの場合は、20km/Lを超えることもあります。また、重い荷物を運ぶトラックや車の場合は、2〜3km/Lくらいになります。
当たり前ですが、同じ距離を走った場合、燃費が良い車の方がガソリン代が安く済むということになります。

 

車の燃費は、車体の重さ、エンジンの種類、乗車人数、空気抵抗、運転方法、走る環境などといったいろいろな条件が組み合わさって決まります。
燃費の計算方法で、「満タン法」というものがあります。まず、ガソリンを満タンにして、その時のトリップメーターをゼロにします。
そして、次回の給油の時にも満タンにします。その時のトリップメーターの走行距離を給油量で割ったのが、その車の燃費ということになります。

 

また、車のカタログを見ると、「10・15モード燃費」という項目があると思います。これは国土交通省が定めた試験の方法で測定された燃費です。
日本の車なら、どこのメーカーも同じ条件で測定されています。なので、燃費を比較する目安になります。
ですが、実際のところ記載されている燃費よりも悪くなることがほとんどです。この10・15モードという測定方法は、測定装置の上に車を乗せて、実際の走行よりも緩やかなパターンで運転をしているので、良い結果が出てしまうのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ