まだ車のローンが残ってるけど売却はできるの?

【コペンを高く売るコツ!】買取相場、知らなきゃ損!

まだ車のローンが残ってるけど売却はできるの?

そもそも、まだローンが残っている車の売却はできるのでしょうか。ローンがまだ残っているけど、子どもが生まれたし、新しい車に乗り換えたい!という方もいると思います。

 

車を売るときにまだローンが残っていても売却できます。ローンが残っている車は、売れないのでは?と思ってしまいますが、ローンが残っている車でも売却することが出来ます。
ローンがまだ残っているときの手続きは多少異なりますので、こちらでご説明します。

 

ローン会社に所有権がある場合は、ローンを完済して所有権解除の手続きを行う必要があります。
ローンを完済した場合、ローン会社に連絡をし、所有者を解除することで売却をすることが出来ます。
また、実際に買取をしてもらうことで、ローンが残っている車を売却する方法もあります。所有権さえ移すことが出来れば、買い取ってもらえます。

 

通常、車を売るときにローンが残っている車については、車を売却した代金をローン返済にあてて、所有権留保を解除して手放す方法が主流になっています。
売却代金がローン残債に不足し、残りのローンを現金で支払うことが困難な場合は、新たにローンを組んだり、次に購入する車のローンに上乗せすることもできます。
ただし、この場合は新たにローンの審査が必要になりますので、借入額が大きい場合は審査に落ちることがありますので注意しましょう。
しかし、最近では、ローンが残っていても買い取ってくれる業者もあるので、まずは無料一括査定で複数の買取業者に申し込んで、相談してみましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ