コペンエクスプレイ 買取 売却 高く売る

【コペンを高く売るコツ!】買取相場、知らなきゃ損!

コペンエクスプレイを高く売る!

コペンエクスプレイの買取相場

コペンエクスプレイは2002年にダイハツ工業により、開発・製造され生まれた、2人の軽のオープンカーです。コペン初代のL880K型のものですと、2002年発売ですから、12年落ちになります。
12年落ちともなると、一般的な車では値段が付かず、0円という車種もあります。しかし、コペンは高級車なうえ好きな人にとっては初期の型がほしい方もいます。なので、コペンは12年落ちのものでも20万円前後をキープしています。
10年落ちのものになると、買取相場はさらに上がり30万円前後にもなることがあります。また、8年落ちのものの場合は50万円前後といったところです。
12年落ちのものだとしても、走行距離が5万キロ程度でしたら、もう少し高く買い取ってくれるケースもあります。
5年落ちのものでしたら、買取相場は80万円〜100万円前後とかなり高くなっていきます。
万が一、コペンを新車価格の半額以上で売りたいのならば、5年以内に売るといいでしょう。ちなみに、3年落ち以内でしたら、買取相場は、新車価格の3分の2前後といったところでしょうか。
また、コペンにはアルティメットエディションの買取相場が高い傾向にあります。このグレードでしたら、買取相場以上の買取も大いに期待できます。

 

コペンエクスプレイとは・・・

エクスプレイ

コペンエクスプレイは、多面体ボディと多面体グリルを採用、センタークラスターの骨格をインパネ上部まで張り出した「クロスフレーム」も採用したスポーティーモデルです。
「エクスプレイ」はもっと楽しいを意味するExtra Playからの造語です。

エクスプレイS

「エクスプレイ」の上級グレードで、「コペンローブS」同様、レカロシート、MOMO製革巻ステアリングホイール、ビルシュタイン製ショックアブソーバーを装備したほか、インナードアハンドル・パーキングブレーキボタン・エアコンレジスターノブをメッキ化し、マルチリフレクターハロゲンフォグランプを標準装備しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ